低用量ピルのはたらき|避妊や生理不順に効果的な低用量ピル・アフターピルを安い値段で購入

低用量ピルのはたらき

カプセルと錠剤

低用量ピルとアフターピルは、両方避妊を目的とした医薬品ではありますが、服用方法はまったく違うので注意しましょう。

まず一般的にピルと呼ばれている低用量ピルについて紹介していきます。
低用量ピルは21錠で1セットになっているものと、28錠で1セットになっているものがあります。
28錠の方も内7錠はダミーの錠剤で、服用しても何かの効果があるわけではありません。
21日間毎日服用し、7日間のインターバルを挟むのですが、この7日間も服用する癖をつけるためにこうしてダミーの錠剤が含まれているのです。
そのため、きちんと服用できる自信がある人なら21錠の低用量ピルでも問題ないでしょう。

低用量ピルは毎日服用することで徐々にホルモンバランスを乱していき、妊娠時のホルモンバランスに作り変える効果を持っています。
これによって着床や排卵を抑制することができ、結果、避妊することができるようになるのです。
避妊を続けたいと思うのであれば服用を続ければいいですし、妊娠することを目的とした性行為をしたい場合は服用をやめれば大丈夫です。
服用をやめてから2~3週間で元のホルモンバランスに戻り、再び妊娠できる状態に戻すことができますよ。
安心かつ確実性の高い避妊方法として、近年は低用量ピルを使って避妊する女性が増えています。

また、低用量ピルが便利なのは避妊効果だけではありません。
体内のホルモンバランスを乱すことで、乱れていた生理周期を改善させることもできます。
そのため、生理痛や生理不順に悩んでいる人に処方する治療薬としても活躍してくれるのです。