カプセルと錠剤

低用量ピルのはたらき

低用量ピルは毎日服用することで女性のホルモンバランスを崩し、排卵や着床を防いでくれます。これによって高い避妊率を誇るほか、生理痛や生理不順の解消にも効果を発揮してくれますよ。

瓶から出ている錠剤

アフターピルとは

アフターピルは性行為後の服用で急激にホルモンバランスを変化させることができ、それによって着床や排卵を防ぐことができます。服用するタイミングは性行為後からなるべく早い方が効果的ですので、常備しておくといいでしょう。

避妊薬による違い

カプセル

これまで避妊具として多くの男女が愛用していたコンドームですが、最近では避妊薬であるピルを女性が服用して避妊しているケースが増えています。
ピルには低用量ピルとアフターピルの2種類がありますが、一般的に避妊をする際に服用するピルは低用量ピルを指すことが多いです。
どちらも女性が服用し、それによって高い避妊効果を発揮してくれる点は同じです。
しかし、それぞれで服用方法や使用目的が違うため、ピルを利用して避妊する場合はそれぞれの違いをしっかり区別しておかなければいけません。
どちらにしても優れた避妊薬である反面、その強力な効果が副作用を招いてしまう危険もあるのです。
正しい知識を頭に入れたうえで、安心安全に避妊をしていきましょう。

低用量ピルとアフターピルの違いについてですが、低用量ピルは毎日服用することで徐々に妊娠しない身体を作っていきます。
それに対し、アフターピルは性行為後の服用1回で妊娠しない身体に変化させます。
こうした違いがあることから、一般的にピルと言うと低用量ピルを指し、毎日の服用によって徐々に避妊効果を高めていく方法になります。
一方、アフターピルはコンドームの使用に失敗した場合など、アクシデントにより妊娠してしまう恐れがある場合に服用することになります。
それぞれの服用方法や目的の違いを理解しておきましょう。
また、ピルは生理痛や生理不順の治療に用いられることもあり、女性にとってはたいへんありがたい医薬品となっていますので、ぜひ覚えておきましょう。
上記で伝えたピルに関して病院での処方以外に現在では海外医薬品の個人輸入代行サイトを介して購入することが可能となっております。
ピルの値段は圧倒的に代行サイトを介して購入した方が安くなっています。ただ個人輸入の場合にはメリットだけでなくデメリットもあります。ピルの値段を比較するだけでなく安心できる手に入れ方はどちらなのかを比べて購入するのも一つの手だと言えます。

様々な薬

安くで購入できる

低用量ピルやアフターピルのような避妊薬は病院から処方してもらえますが、総合的な費用はかなり大きくなってしまいます。そこで、より安い値段で購入する方法として知っておくと便利なのが個人輸入代行サービスです。

茶色のカプセル

トピックリスト

「避妊や生理不順に効果的な低用量ピル・アフターピルを安い値段で購入」のトピックリストです。